Data Knowledge for 奉行V ERP
全社員のデータ活用を実現するナレッジ共有型BIツール! Data Knowledge[データ ナレッジ]
カンタンな操作で奉行Open-DBから直接データを抽出し、加工・集計・帳票作成ができるため、信頼性の高い非定型帳票を短時間で作成することができます。また、処理内容が保管されているので、繰り返しの作表作業はワンタッチ(スケジュール予約もできます)で実行が可能です。

「Data Knowledge for 奉行V ERP」は、奉行V ERPの奉行Open-DB(※)からデータを抽出して会計データを利用した業務帳票が簡単に作成できるソリューションです。
奉行Open-DBを利用したサンプルレポートが搭載されているため、導入後すぐにデータ活用が可能です。
また、奉行Open-DB以外のDBデータやパソコンのCSVデータも同様に利用することができるので、会計レポートだけではなく様々なデータを扱った帳票を作成することができます。

会計データ以外のデータもあわせてデータ分析を行いたいが、システムがバラバラでどうにもならない。
奉行Open−DB以外のデータベースのデータも同様に利用することができます。また、パソコンのCSVファイルも取り込むことができるので、パソコンにしかない見通しデータとの対比表なども作成することが可能です。

「Data Knowledge for 奉行V ERP」は、下記のような会計データを利用した業務帳票作成における様々な課題解決に役立ちます。

非定型帳票の作成と継続的利用が困難

Excelで作成した非定型帳票は個人の所有物のため組織的な利用ができない。組織内では類似の帳票でも個人にとっては新規帳票のため、一から作成作業を行うことになり無駄な作業時間が多く発生している。
任意のグループ単位でデータや帳票を共有することができます。また、他の人が作成したデータ処理方法や帳票デザインを検索し再利用する機能があり、作業時間を一層削減することができます。
重複したExcel帳票作成作業の無駄を削減したい
Excelでの手作業による帳票作成は膨大な時間がかかるうえミスも多い。また、次回に同じ帳票を作成する場合でも、同様の手作業が必要になり継続的に安心して利用することができない。
独自視点でのデータ活用ができない
(※)
「奉行Open-DB」は、ERPパッケージ「奉行V ERP」に蓄積される明細レベルのデータを、外部アプリケーションがデータソースとして活用できることを目的にOBCにより開発された機能です。(別途購入が必要。オープン価格)
ナレッジ共有型BIツールのData Knowledge